ゴミ溜め@技術系日常系雑文

主にWeb技術やそのほかつまづいたこととか引っかかって調べたこととかをまとめてます。

はてなダイアリーから引っ越しました。)

Western Digital の RMA で HDD を交換するまで Part1

自宅NASからアラートメールが届いた。

どうやら定時チェックでSMARTエラーを観測したらしい。

HDDにはRMA(返品保証)なる素敵な制度があるらしい。が、海外メーカーとのやりとりは少々億劫、というか、ガイジン怖い。

とはいえ、1本3万もする Western Digital RED 6TB をホイホイ買い換えるだけの財力はないので、重い腰を上げてみようと思う。 というのも、どうやらこちらの記事によるとだいぶ敷居が下がったらしいので。 yuutosi.net

なお、RMA失敗したらそこで打ち切りとなる。果たしてどうなるやら。

**注意**

Western Digital のサポートポータルに製品登録する上で、
対象のHDDのシリアル番号と購入日の入力が必要になる。

複数台構成だったりすると、シリアルと購入日の紐付けがあやふやになったりするので、
出来れば事前に控えておくか、購入したら即効でサポートポータルに登録してしまうが吉。

環境

NASの構成は下記の通り。

  • NAS: ASUSTOR AS-204T (廃版)
  • HDD: Western Digital RED 6TB (型番は WD60EFRX-68MYMN1 3本、WD60EFRX-68L0BN1 1本) 計 4本の RAID5 構成

保証ステータスを確認

WDの「保障状況 (http://support.wdc.com/warranty/warrantystatus.aspx?lang=jp) 」ページより、使用中のHDDが保証期間内か否かを確認。

f:id:AyeBee_TY:20170104231841j:plain

シリアルNoを入力後、「送信」を押下。

f:id:AyeBee_TY:20170104231849j:plain

どうやらぎりぎり期間内らしい。「 限定 保証期間内」という言い回しが少し気になるところだけど、追々わかるだろう。

製品登録

次に、ユーザアカウントを登録し、製品登録した。

製品サポートポータルにユーザ登録し、ログインする。(https://westerndigital.secure.force.com/ind/?lang=ja)

f:id:AyeBee_TY:20170104233136p:plain

ログインすると苗字で呼び捨てにされるが、まあ気にしない。

「製品を登録する。」ボタンを押下すると、シリアル番号と購入日、買った業者の種別を記入させられる。 f:id:AyeBee_TY:20170104233921j:plain 登録対象の情報を入力し、「続ける」を押下。 f:id:AyeBee_TY:20170104233931j:plain

無事登録され、ステータスが表示された。 うち3台が保障期間1年切ってる。せーふ・・・・。。。

今回、使用しているHDDのうち、3台がSMARTエラーとなっている。RAID5なので、2台以上同時に壊れたら窓から飛び降りることになる。(もっと早く対処しろよ) f:id:AyeBee_TY:20170104234542j:plain

さっさと早速登録したいところだが、複数台のRMAを申請するに当たって、RAID構成を壊したくないので1台ずつ交換したい。 といったところで、一度サポートに問い合わせてみることにする。

本日はここまで。

Raspberry Piを入手してからmuninを入れるまで

ひっさびさの更新。まさかの2年ぶり。
自宅のに無線LAN接続のRaspberry Piを置いて、muninで状態を監視したいと思った。

0. 環境等

  • 使用したRaspberry Pi は「Raspberry Pi 2 Model B」。余ってたのを使ったので、別に何でもいい。余談だけど、最近Raspberry Pi Zero注文してそろそろ来るらしい。うきうき。
  • 使用した無線LANアダプタは「PLANEX GW-USNANO2A」。初期設定無しでそのまま使えた。
  • McroSDカードは適当に転がってた8GBのを。

1. Raspberry PiのUSBポートに無線LANアダプタを装着

2. NOOBSダウンロード、すべてのファイルをSDにコピー

https://www.raspberrypi.org/downloads/noobs/

現時点のバージョン等:
Version:2.0.0
Release date:2016-10-05
Download ZIP
SHA-1: 825d273584c0139875901677db7acfe519506991

3. なんか適当にRaspbianのインストール

起動時はCLI(黒画面)を表示するように設定しておく。
以降、ルートユーザはpi、パスワードはraspberry、起動時に自動ログインする設定を前提とする。
変更した場合は、適宜読み替える。
なお、無線LANアダプタは何もしなくても使える状態になっていたので設定は省略。

4. 無線LAN アクセスポイント(AP)が見えるか確認

pi@raspberrypi:~ $ sudo iwlist wlan0 scan|grep ESSID
                    ESSID:"自宅のアクセスポイントのSSID"
                    ESSID:"しらないやつ"

5. 無線LANAPに接続する設定

pi@raspberrypi:~ $ sudo sh -c "wpa_passphrase アクセスポイントのSSID パスワード >> /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf"

6. 以下のような感じで設定された。

pi@raspberrypi:~ $ sudo cat /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

ctrl_interface=DIR=/var/run/wpa_supplicant GROUP=netdev
update_config=1
network={
        ssid="アクセスポイントのSSID"
        #psk="パスワード"
        psk=暗号化されたパスワード
}

※ #psk="パスワード"は不要なので消しても良い

7. 一度再起動して、ネットにつながるか確認

pi@raspberrypi:~ $ sudo reboot

~再起動まで待つ。ifdown/ifupでも問題ないが、念のため。~

pi@raspberrypi:~ $ sudo ping -c 1 192.168.0.1
PING 192.168.0.1 (192.168.0.1) 56(84) bytes of data.
64 bytes from 192.168.0.1: icmp_seq=1 ttl=255 time=6.07 ms

--- 192.168.0.1 ping statistics ---
1 packets transmitted, 1 received, 0% packet loss, time 0ms
rtt min/avg/max/mdev = 6.070/6.070/6.070/0.000 ms

pi@raspberrypi:~ $ sudo ping -c 1 google.com
PING google.com (172.217.25.78) 56(84) bytes of data.
64 bytes from nrt13s50-in-f78.1e100.net (172.217.25.78): icmp_seq=1 ttl=53 time=11.4 ms

--- google.com ping statistics ---
1 packets transmitted, 1 received, 0% packet loss, time 0ms
rtt min/avg/max/mdev = 11.478/11.478/11.478/0.000 ms

8. 固定IP設定

piraspberrypi:~ $ sudo vi /etc/dhcpcd.conf

以下を追記。

interface wlan0
static ip_address=192.168.0.200/24
static routers=192.168.0.1
static domain_name_servers=192.168.0.1
static domain_search=192.168.0.1

9. 無線LANの再起動と設定確認

pi@raspberrypi:~ $ sudo ifdown wlan0
pi@raspberrypi:~ $ sudo ifup wlan0
pi@raspberrypi:~ $ sudo iwconfig
wlan0     IEEE 802.11bgn  ESSID:"アクセスポイントのSSID"  Nickname:"<WIFI@REALTEK>"
          Mode:Managed  Frequency:2.437 GHz  Access Point: XX:XX:XX:XX:XX:XX
          Bit Rate:150 Mb/s   Sensitivity:0/0
          Retry:off   RTS thr:off   Fragment thr:off
          Encryption key:****-****-****-****-****-****-****-****   Security mode:open
          Power Management:off
          Link Quality=100/100  Signal level=71/100  Noise level=0/100
          Rx invalid nwid:0  Rx invalid crypt:0  Rx invalid frag:0
          Tx excessive retries:0  Invalid misc:0   Missed beacon:0

lo        no wireless extensions.

eth0      no wireless extensions.

pi@raspberrypi:~ $ sudo ifconfig
eth0      Link encap:Ethernet  HWaddr XX:XX:XX:XX:XX:XX
          inet6 addr: fe80::4220:10d8:fc49:c467/64 Scope:Link
          UP BROADCAST MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
          RX packets:0 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:0 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:1000
          RX bytes:0 (0.0 B)  TX bytes:0 (0.0 B)

lo        Link encap:Local Loopback
          inet addr:127.0.0.1  Mask:255.0.0.0
          inet6 addr: ::1/128 Scope:Host
          UP LOOPBACK RUNNING  MTU:65536  Metric:1
          RX packets:12617 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:12617 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:1
          RX bytes:1450166 (1.3 MiB)  TX bytes:1450166 (1.3 MiB)

wlan0     Link encap:Ethernet  HWaddr XX:XX:XX:XX:XX:XX
          inet addr:192.168.0.200  Bcast:192.168.0.255  Mask:255.255.255.0
          inet6 addr: 240f:2:591b:1:2deb:432f:d586:9709/64 Scope:Global
          inet6 addr: fe80::8a4a:a14f:df10:32b4/64 Scope:Link
          UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
          RX packets:340 errors:0 dropped:82 overruns:0 frame:0
          TX packets:182 errors:0 dropped:1 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:1000
          RX bytes:1985600 (1.8 MiB)  TX bytes:2415159 (2.3 MiB)

10. とりあえず更新

pi@raspberrypi:~ $ sudo apt-get update -y
pi@raspberrypi:~ $ sudo apt-get upgrade -y -f

11. apacheとmuninのインストール

pi@raspberrypi:~ $ sudo apt-get install apache2
pi@raspberrypi:~ $ sudo apt-get install munin

※ muninインストール前にapacheが入ってないと、泣きを見ることになる。

12. LAN内の別のPCからウェブページを参照できるか確認

f:id:AyeBee_TY:20161127015120p:plain

13. muninのアクセス設定

pi@raspberrypi:~ $ sudo vi /etc/munin/apache.conf
(書き換え前)
<Directory /var/cache/munin/www>
        Order allow,deny
        Allow from localhost 127.0.0.0/8 ::1
        Options None

(書き換え後)
<Directory /var/cache/munin/www>
        Order allow,deny
        #Allow from localhost 127.0.0.0/8 ::1
        Allow from all
        Require all granted
        Options None

14. muninの設定をapache配下にシンボリックリンクする。

pi@raspberrypi:~ $ sudo ln -s /etc/munin/apache.conf /etc/apache2/sites-enabled/munin.conf

15. 再起動

pi@raspberrypi:~ $ sudo reboot

16. LAN内の別のPCからmuninを参照できるか確認

f:id:AyeBee_TY:20161127015137j:plain

以上。

ConoHa1周年記念イベント in 大雨の秋葉原に行ってきました。レポ。

ええ、行ってきましたよ。ConoHa1周年記念イベント。台風接近に伴う大雨だったけど、なんかもう秋葉に行かなきゃ、という使命感に突き動かされましたよ。

本来の目的は秋月行ってRaspberry Pi用の部品揃えに行ったんだけど、まあそれは別の話。

続きを読む

ConoHa導入して、やったことログ

やったことまとめ。

  1. VPSを追加
  2. ローカルユーザーの作成
  3. FTPユーザーの作成
  4. vsftpdの導入
  5. WordPress初期設定
  6. WordPressのプラグイン追加
  7. 今後やりたいこと

これら方法が適切なのかは、わからない。
ググった情報、勘を頼りにしてるので、セキュリティ的な問題とか有るかもしれない。
もし変なところがあれば、指摘していただければ助かります。

続きを読む

ConoHaはじめました。

あ、リンクはアフィリンクなので、嫌儲な方はこちらのリンクから公式ページに飛んで下さい。

なんかもういろいろ我慢できなくなってConoHa始めてしまった。

さくらのVPSと悩んだんだけど、次の点でConoHaに決めた。

  • スペック構成・値段は大して変わらない
  • このはさんが可愛い、可愛いは正義
  • 1500円分のクーポンがついてるのも魅力

ただしさくらは年払いで割引が効くので、月換算100円くらい安い。
それ以外にも細かい違いはあり、それぞれ一長一短。ここら辺は本人の考え次第だともう。

続きを読む

なんかアンケートサイトに登録してみたんだけど

ページ切り替えができるんだけど、「戻る」ボタンが無くて元の回答に戻れないのが微妙かなあ。

でもシンプルで使いやすいかも。
回答にかかった時間とかも集計できて便利。

無回答で送信したらどうなるのか試そうと思ってやってみたら、回答回数制限かけてるせいでやり直せなくなってしまった・・・。

あ、よかったら回答してくれると喜びます。

続きを読む

ホームページ作りたいけどどんなのがあんの?まとめ

無料でブログプラン、無料でウェブサイトプラン、有料でWordPress使ったウェブサイトプランの3つに別けてみた。
もちろん、他にもレンタルサーバはいっぱい有るので、あくまで一例。
アダルトコンテンツの可否について記載してるのは、絵描きさん等、一部アダルトコンテンツに絡みそうな人を考慮した故。
アダルトコンテンツを含むと、サーバーの心証や、アクセス過多によるサーバー負荷の原因になりやすいので、レンタルサーバーによっては禁止している事が多い。

ただし、イラストの公開等はPixivで行って、ウェブサイトからはリンクにとどめるなど、迂回する方法は有る。

続きを読む